Home > あいさつ > 弥生の里第2田んぼアート

弥生の里第2田んぼアート

弥生の里第2田んぼアート

あいさつ・コメント

(日々の雑感を織り交ぜながら・・)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

相馬繁 2011222() 議会報告を更新

◆◆◆ 42. 弥生の里第2田んぼアートの構想と実施効果◆◆◆

 

弥生の里第2田んぼアートの構想と実施効果について、平成22127日と平成23222日の議員全員協議会において村から説明がありましたので、その概要を報告します。

弥生の里第2田んぼアートの実施の目的については、我が村の田んぼアートは、国内はもちろん、今や世界に誇れる田んぼの芸術作品になって観光客等も年々増加の傾向にあります。しかし、残念ながら、人は来るがお金を使う場所が少ないため、経済効果は上がってこないのが現状であります。消費拡大による地域経済の活性化を図るため、弥生の里第2田んぼアートを、村の観光スポットでもある道の駅いなかだて「弥生の里」に展開して、観光客等を誘導し経済効果の向上を図ることにあります。

実施場所は、弥生の里「地球池」を第2田んぼアートに整備(工事請負費1千130万円)するという構想で、面積は約90a(9反歩)です。観覧場所は新たにエレベーター付きの田んぼアート歴史館(屋根高さ19.3m・展望室の床高さ12m・展示室・多目的トイレ・管理室等含:工事請負費等9千808万8千円)を設置する予定となっております。この財源は、原子燃料サイクル事業推進特別対策事業助成金5千180万円、原子燃料サイクル事業推進特別対策事業交付金3千800万円、県補助金の創意と工夫が光る元気なあおもりづくり支援事業費703万3千円、村の一般財源1千255万5千円、合計億938万8千円を充てる方針です。

入館料については、役場第1田んぼアートと弥生の里第2田んぼアートは共に有料とし、入館料は券売機で発券します。料金は幼児と障がい者及び付き添い者は無料、小学生は100円、中学生と大人は200円。また、中学生と大人の役場第1田んぼアートと弥生の里第2田んぼアートの共通券は300円を予定しています。収入は年間約10万人で約2千400万円。支出は年間で約1千万円を見込でいます。

役場第1田んぼアートは、従来のどおり一般募集をして、イベント方式で実施。弥生の里第2アートは村おこし推進協議会の指示の基、絵柄の型付けから刈り取りまで作業委託方式で実施。絵柄の決定は、従来通り協議会で決定する。絵柄の原図の作成は、第1田んぼアートは、従来通り山本先生にお願いする。第2田んぼアートは、今年も座標計算をお願いしている村内在住者で、ねぶたの絵師であり測量士の人がいるので、その方にお願いする予定です。田植えは、第1田んぼアートと第2田んぼアートが一緒にならないように、1週間程度第2田んぼアートを遅く田植えを実施し、手植えで行うため農協女性部にお願いをする予定です。絵柄型付けについては、業者等に委託する。第2田んぼアートの耕起・代掻き・育苗・田埴え・稲刈り等の水稲関係の一連の作業等については、今まで委託している農家にお願いをする予定です。

 平成22124日東北新幹線が全線開業により、田んぼアートヘ訪れる観光客は増加すると予想される。田舎館村へ来る観光客は、田んぼアートを目的に来ているため、ほとんどの観光客が役場第1田んぼアート、弥生の里第2田んぼアート、共に見学するものと予想される。

道の駅に観光客が増えることにより予想される効果については、産直センターやレストラン、遊具施設の売り上げの増加が予想され、埋蔵文化財センターヘの集客増も見込める。この埋蔵文化財センターは、全国でも類を見ない学術的に価値ある施設ではあるが、場所的に目立たない、入館料が他の施設に比べて高い傾向にあるが、施設に入館する、しないは別にしても、道の駅の観光客は増えるため、施設のPRはもちろんのこと、入館料の見直し、目立つように案内板の設置等をして、入館者の増員を図る。

 埋蔵文化財センターと遊稲の館は、指定管理者が管理運営をしている。その管理料として村は、埋蔵文化財センターに800万円、遊稲の館に480万円を支出している。第2田んぼアートは有料とし、かなりの収入が見込めることから、指定管理者に移行し、埋蔵文化財センターと遊稲の館を組み合わせることにより、指定管理料を軽減することが可能となる。

旅行業者と連携し、本村に観光客を集客する。旅行のコースは、田んぼアート、刀匠、埋蔵文化財センター、十一面観音像等で旅行業者に売り込みしてもらい、刀の制作を入れた旅行のコースはなく、目玉商品として売り込める可能性が大であり、観光による入館料の収入増が見込める。また、企業の有料広告収入が可能である。更に、第2田んぼアートを実施することにより雇用の拡大が見込まれます。

以上が村から説明があった概要であります。実施の目的にもあるように、本村の消費拡大による地域経済の活性化を図る。観光客等を誘導し本村の経済効果の向上を図ることにあります。観光立村と弥生の里の活性化の観点から、本村にとって極めて重要なことであると考えます。村民の皆様のご理解を頂くよう、今後とも丁寧な報告をして参りたいと考えています。

 

      

Index of all entries

Home > あいさつ > 弥生の里第2田んぼアート

検索
田舎館村議会の動き

8/26一般質問通告締日

8/29議会運営委員会

9/5 9月議会開会

9/6 一般質問

9/7 決算委員会①

9/8 決算委員会②

9/9 議案審議~閉会


Links

Return to page top