Home > 一般質問 > 平成21年6月議会

平成21年6月議会

平成21年6月議会一般質問

平成21年6月議会一般質問の要旨

(平成21年6月16日)

 この内容は、平成21年6月第2回定例会の一般質問の内容要旨を掲載しております。議会事務局が作成した会議録を基に、問答形式に編集したものです。議会内の申し合わせにより、一般質問は1時間30分の時間制限と、質問1点につき3回までの質問の回数制限があります。(相馬 繁)

メニュー [平成21年6月議会] 

0.はじめに 1.村の機構改革と職員の適正定数  ①残業の実態と対策 ②所管係の統廃合は ③グループ制の認識は ④グループ制の導入を ⑤児童館の指定管理を ⑥職員の適正定数は 2.指定管理施設の状況と対策  ①運営や管理状況は ②今後の指導体制は 3.村立3小学校の統合方針  4.村機関の個人情報の管理状況  ①緊急時対応計画の策定は ②私物パソコンでの情報扱いは ③事務委託先の対策は 5.街路灯の電気料  6.がん発病若年化と検診年齢要件 検診年齢の根拠は ②年齢要件の緩和を ③健康ごよみの活用 7.地デジ対応計画の策定 計画と具体策は ②試算額と予算確保は 8.村例規集の電子化 9.集中改革プラン後のプラン  メニューへ

はじめに

相馬 繁 議員(発言)   

 議席番号4番の相馬繁であります。田舎館村地域住民を代表し、平成21年第2回田舎館村議会定例会にあたり、初当選以来連続39回目の一般質問をいたします。 

 はじめに、本日は婦人団体連絡協議会をはじめ、多数の方々が議会傍聴に来てくださいました。心より歓迎いたします。

 私は政治活動の基本理念として融和・協調・発展を基調に8項目の基本政策を掲げ、地域の希望あふれる未来を創ることを目指し、人権と福祉と教育と環境と融和を根幹とする明るい人間主義、そして常に住民と共に前進することを基本理念といたしております。

 また、活動方針としては一人ひとりを大切に、住民が悩み苦しんでいる課題に真っ正面から立ち向かい、住民の暮らしを守り、若者が希望を持てる、活気あふれる郷土を造り、そして女性の地位向上や働く女性への支援を進め、安全で安心な住みよい地域づくりを掲げております。
更に、民意が反映する村政、住民の声が届く村議会を進めて参ります。

 それでは、この基本理念と活動方針に基づいて、質問通告に従い一般質問に入ります。
 
 
      

続きを読む

Index of all entries

Home > 一般質問 > 平成21年6月議会

検索
田舎館村議会の動き

8/26一般質問通告締日

8/29議会運営委員会

9/5 9月議会開会

9/6 一般質問

9/7 決算委員会①

9/8 決算委員会②

9/9 議案審議~閉会


Links

Return to page top